MENU

ニキビの原因と治療

ニキビは、医学的には尋常性ざ瘡と呼ばれる病気の一つです。
命に関わる病気ではありませんが、気分に影響を与えて豊かな日常生活が送れなくなります。
人間の皮膚にはアクネ菌という常在菌がいます。
皮膚を弱い酸性にすることで、他の病原菌が繁殖するのを防いでいます。
しかしアクネ菌は毛包の中のように酸素が少なくて皮脂が豊富なところでは、繁殖しやすくニキビを進行させる原因になります。
化粧品では、特にファンデーションが油分を多く含んでいるので、厚塗りをすると毛穴がふさがってアクネ菌が増殖します。
メイクをした日は、帰宅後すぐに洗顔をして余計な油分を除去します。
睡眠不足やストレス、栄養バランスの乱れた食生活も、ニキビを悪化させるため、毎日決まった時間に起きて、週に1回は運動をするなど、健康的な生活を心がけます。
さらに大人ニキビは、乾燥が原因でもあります。
汗をかいたらすぐに拭き、エアコンに当たりすぎないなど注意します。
ニキビができた場合は、ドラッグストアで専用の治療薬が購入できます。
皮脂を少なくして毛穴をふさぐ角質を除去するものと、炎症を抑えるものがあります。
自分の肌に合った薬を選ぶことが重要ですが、重症化する恐れがあれば病院に行くのが良いです。

 

ニキビで悩んでいるなら

ニキビのできにくい肌になりたいという場合、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEといった4種類の栄養素をしっかり摂取すると良いでしょう。
日々の食生活にこれらのビタミンを含む食事を取り入れると、ニキビの予防とケアができます。
肌トラブルのない美しい肌を取り戻すためにはまず、普段の食生活から変えていく必要があるのです。
ニキビは潰すと早く治ると考えている人もいるかもしれません。
しかし、自分で潰すのはあまり良くありませんし、特に爪で潰すというのは避けましょう。
それは爪で潰すと周りの皮膚にまで傷をつけてしまうためです。
また、雑菌が付着して炎症を起こすことがありますし、クレーターのような跡が残ってしまう恐れがあります。
ちなみに、医療機関ではニキビの中身を物理的に取り出す処置がありますが、これは専用の機器を用いて医師が行う方法なので安心して任せることができます。
医師がニキビの処置を行うためにも特殊な医療器具を使う必要があるため、素人が爪やピンセットなどで跡が残らないように潰すことは難しいと言えるでしょう。
ニキビはできたら気になってしまうものですが、基本的に触ったり潰したりしないことが大切です。

 

ニキビの対処とケア

ニキビは若くなくても吹き出物として顔や身体の至る所にできます。
簡単に言うと、身体の中の老廃物が飛び出してきたというような感じですが、原因は様々です。
偏った食事や不規則な生活なども原因となります。

 

そして1度できると治るまでに時間がかかり、ひどい時には膿んでしまったりして、痕が残ったりしてしまいます。
ニキビや吹き出物ができると、故意に潰したりしなくても何らかの拍子に自然と潰れたりしている事もあり、そこから細菌が入り込むと膿んでしまいます。
できてしまった時の対処法としては、ニキビ専用のミストやローション・石鹸などを使う事です。
そしてそれらを患部につけたりする際は、軽く触れるような感じでおこなう事。
ゴシゴシと力強く擦りこんだりはよくありません。

 

また、たくさんつければ早く治るというものでもありませんので、使いすぎにも注意が必要です。
今ではドラッグストアでも専用コーナーもあり、手軽に入手できるようになりました。
入っている成分を確認しながら自分の肌に合うものを選びましょう。
香りがついているものはなるべく避けてください。
香りといえど成分の1つですので、悪化はしないにしても人によっては違う肌トラブルの原因にもなります。

 

例えば肌をケアするために美白にすることも有効な手です。
美白クリームガイド|今買うべき美白クリームを紹介してます!で紹介されているようなクリームだけを使って毎日スキンケアすることで、
肌を保護すれば、バリア機能が回復するので、肌がニキビ出来なくなるのです。

 

更新履歴